通年行事」カテゴリーアーカイブ

6月30日 夏越しの祓い、茅の輪くぐりと、お焚き上げ

幸いにも好天に恵まれた6月30日に「夏越しの祓い」茅の輪くぐりお焚き上げが130人近い多くの皆さんが参加され実施されました。
10時には参拝に来られた皆さんも拝殿で神事に参加されました。
一緒に参加した子供たちには、小さなプレゼントも用意されました。

引き続いて境内の茅の輪をくぐり、名前などを書いた人形(ひとがた)のお焚き上げが行われました。
その後も訪れる方々が、茅の輪をくぐり人形を神社に預け、宮司によって改めてお焚き上げされました。
1年を締めくくる、年越しの祓いは12月30日に行われます。

今年の夏越しの大祓いは6月30日(日)10時~

若宮神社恒例の、夏越しのお祓い日程は
6月30日(日)10時から開催です。

茅の輪をくぐり、今年半年間の厄払いと無病息災に感謝して人形(ひとがた)にお名前を書いて、お焚き上げが行われます。どなたでも参加できます。

2月3日豆まきまつりの様子(午前11時~)

数年ぶりの、天候にも恵まれた若宮神社節分祭。
神事の後は、集まった参拝客の中からまずは年男年女の皆さんが、
拝殿廊下から勢いよく豆をまいていました。
その後は、小さなお子さんが次々と拝殿の廊下に上がり、
大きな声で豆を楽しそうにまいていました。
豆をまく方も、それをキャッチする方がたも嬉しそう。

多くの参拝客が訪れた令和6年の初詣

コロナ渦の制約も解除され、初詣には多くの皆さんでにぎわいました。
恒例となった、豊田商店会のクッキー、神輿会の甘酒なども好評でした。
新年から、新たにこどもおみくじが用意され早々に売り切れとなってしまいました。
境内には、キッチンカーやクレープ、バーガー、米麹まんじゅうのお店などが出店。

 

9月9日~10日のお祭りは久々に神輿を担ぎます

今年は、数年ぶりに神輿が地域を回ります。
飛び入り参加大歓迎!(Tシャツ、スニーカーなど動きやすい服装で)
境内には様々なキッチンカーの出店があります。
また、子供奉納相撲大会は50周年と言う節目を迎え、大相撲の大栄翔関からのお祝いメッセージも届いています。
※子供相撲大会申込は、ここをクリックしてください。


50周年記念相撲大会の申し込みは下記QRコードで簡単にできます。
※子供相撲大会申込は、ここをクリックしてください。


相撲大会参加申込は、下記QRコードでを読み取ってください
※子供相撲大会申込は、ここをクリックしてください。

夏越しの祓い、茅の輪くぐりが小雨の中行われました。

6月30日若宮神社恒例の、夏越しの祓い、茅の輪くぐりが行われました。
今年は、雨模様でしたのでお参りに来られた方にも拝殿に入り、お祓いをしたのち、宮司を先頭に境内に作られた茅の輪をくぐり、人形(ひとがた)のお焚き上げが行われ無事に終わりました。

秋の若宮神社例大祭の日程は、9月9日(土)宵宮、10日(日)本宮です

これまでのコロナ禍での数年間はお祭りも自粛ムードの中開催し、神輿も車に載せて巡行してきました。
令和5年若宮神社例大祭は、9月9日(土)宵宮、10日(日)本宮の日程で開催されます。

神輿渡御は(神輿を担ぐ)若宮神社から日枝神社、天満神社、白鬚神社、八幡神社の地域を回ります。
恒例の子供相撲大会も50周年を迎え盛大に復活します。空手道演武も披露されます。
その他、メダカすくいや、地域のキッチンカー、生バンドの演奏など盛りだくさん予定しています。
詳細が決まり次第お知らせします。

今年の「大祓」神事は、令和4年12月30日10時から行われます。

12月30日午前10時から恒例の大祓い神事が行われます。
身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪ちのわを神前に立てて、これを三回くぐります。
十二月の大祓は年越の祓とも呼ばれ、新たな年を迎えるために心身を清める祓いです。
私たちにとって、その年々の節目におこなわれる大祓は、罪や穢れを祓うとともに、自らを振り返るための機会としても、必要なことではないでしょうか。
※なお、初詣では感染防止と混雑緩和のため、茅の輪くぐりは一回とさせて頂きます。